top of page
  • idcouco

与えることから始まるビジネス

更新日:2月23日

美容師は技術を磨くためにほぼ毎日休みもなくトレーニングに明け暮れていました休みが欲しい自分の時間が欲しいなんて1mmも考えていませんでしたね


今ではありえないブラックな職場ということになりますね、

でもお客様はそのことをよくご存知で結果行列ができるほど応援して下さったのです。


結果実証済みの技術、サロンの経験が 今の財産です。


一生懸命、技術を磨きお客様のために、結果の出せる施術を学び、その経験からたくさんの情報をいただきました。 それが今の財産です。 日々学んできた情報をお伝えしていきたいと思います。


しかし現状は、美容師のビジネスは一般的にオフラインビジネスとみなされます。

これは、美容師が顧客の髪をカット、スタイリング、色付けなど、物理的なサービスを提供するからです。このようなサービスは通常、店舗内または顧客の自宅で直接提供され、オンラインでは実現できません。

技術の進歩により、美容業界でも一部の業務がデジタル化またはオンライン化しています。

例えば、オンラインでの予約管理、商品のオンライン販売、ビデオ通話を通じたスタイリングのアドバイスなどです。これらはオンラインビジネスの要素を持つと言えまが、

それでも、美容師の主な業務である顧客への直接的な美容サービス提供は現状では

オフラインで行われるため、美容師のビジネスは主にオフラインビジネスがほとんどです。



そこで、どうすればいいのか?chatGPTに聞いてみました。

こんな感じに聞いてみました


質問:

美容師のビジネスは一般的にオフラインビジネスとみなされますが、これからの時代そのビジネススタイルだけでは、難しいと考えていますが、美容師経営のこれからやるべき事をいくつか挙げてください


答えは:

1 オンラインプレゼンスの構築

2 オンライン予約システムの導入

3 デジタルマーケティング

4 オンライン教育とトレーニング

5 オンラインコミュニケーションツールの活用

6 ハイブリッドモデルの検討


という事で1番から順に検証していこうと思います。


1 オンラインプレゼンスの構築について

そもそものオンラインプレゼンスとは何でしょうか?

それは単にオンライン上に存在させること。 これは、目的意識を持ってインターネットを活用し、目標とする顧客(オーディエンス)に対して影響を与えることであり、ソーシャルメディアで積極的にコミュニケーションを取ることがオンラインプレゼンスを強化する一つの方法です。


この部分は、かなりの勢いで、構築しているサロン様も多く見かけますね

  • ウェブサイトの作成: オンラインで自分のスキルやサービスを紹介する専用のウェブサイトを作成、料金表、ポートフォリオ、

  • ソーシャルメディア: Instagram、Facebook、Twitterなどのソーシャルメディアプラットフォームを活用して、最新のトレンドや施術の写真やビデオを共有し、顧客とのコミュニケーションを強化します。ただそれによっての新たな集客もまた、外部のシステムに頼りがち、さらに集客には結び付きにくい



       課題は続く……



閲覧数:8回0件のコメント

Comments


bottom of page