top of page
  • idcouco

"ほんとの日焼けって何?紫外線、メラニン生成、そして必須アフターケア🕶️🧴"


実は、ちょっとの油断も肌にとってはリスク大。

「ほんのちょっとの外出なら…」と、対策を怠る人も少なくない。知っているようで、

意外に知らない日焼けの実態と、日焼け後のアフターケアについて


老化に加速は絶対阻止しましょう!

そんな訳で、重要なのは、日差しを浴びてしまった日です。

「日焼けというのは、基本的に肌が紫外線を浴びることによってメラニン色素が作られる現象を指します。紫外線をどの程度浴びたかということよりも、紫外線を浴びたかどうかが、メラニン色素の生成を決定します。つまり、紫外線を少ししか浴びていないからといって、安心するのは間違いなんですね。


紫外線を浴びると、メラニン色素が作られますが、これは肌の深部で行われるため、すぐには肌の色が変わるわけではありません。


紫外線を浴びた直後に肌が黒くなることがあるのですが、

これは本来の「日焼け」ではないんです。


これは紫外線によってメラニンが酸化し、

一時的にメラニン色素が濃くなる現象なんです。


これを即時黒化、あるいは1次黒化と呼びます。そして、これは比較的早く治まります。


その後、2~3日後に肌が黒くなるのが、本来の日焼け、すなわち2次黒化というものです。

紫外線を浴びてから約12~24時間後にメラニン色素の生成が始まり、皮膚に定着するまで2~3日かかるのです。そのため、日焼けした直後から数日間は、適切なケアが必要なんです。



そして、日焼け後の適切なアフターケアが重要となります。

そのための基本的な3つのステップは、

「冷やす、潤す、内側からケアする」なんですね。」


「シミの原因となるメラニンは紫外線を浴びてから

72時間後に生成されるので、その日のうちに

ケアーwかクルーエ101で酸化に対するケアでしっかり

メラニンの生成をストップしましょう!」

「冷やした101化粧水パックシート2枚重ねで 

じっくり冷やすことがおすすめです。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page