top of page
  • idcouco

夏バテと抜け毛の関連:体調不良の影響



夏バテで食欲や自律神経に影響がでることは髪の毛が栄養不足で育ちにくくなったり抜け毛が増えたりする原因となってしまうのです


夏バテを起こす主な原因

・汗をかくことで水分やミネラルの不足

・暑さによる睡眠不足 ・室内と外の温度差

・水分、冷たいものの摂りすぎによる胃の不調


抜け毛の原因:汗や皮脂分泌の増加による頭皮環境の悪化 夏の抜け毛 原因 汗 皮脂 頭皮環境の悪化 夏になると汗や皮脂の分泌が増え雑菌が繁殖しやすくなります。


雑菌が繁殖することで、頭皮環境が悪化し炎症やかゆみを引き起こし抜け毛が増加してしまうのです。


特に皮脂の量が増えることによって、頭皮に存在するマラセチア菌が異常に増加して、脂漏性脱毛症を引き起こすこともあります。


しかし、汗をかくことは人間であれば当然起きる生理現象のため止めることはできませんよね。 大切なのは頭皮を清潔に保つことです。


汗をかいたらこまめにタオルで拭くように心がけましょう。


また、夜寝ている間にもたくさん汗をかきます。汗を吸収した枕カバーも雑菌が繫殖しやすく頭皮トラブルの原因となるため、こまめに取り換えるよう気をつけてください。


4つのテーマににまとめてみました

  1. 自律神経の乱れ: 夏バテは、暑さによる過度の疲労や水分・ミネラルの不足によって自律神経が乱れることがよくあります。自律神経が乱れると、心拍数の増加や消化機能の低下など全身に影響を及ぼし、それが頭皮の血行にも悪影響を与えることがあります。

  2. 栄養不足: 夏バテによる食欲不振は、髪の毛の成長に必要な栄養素を摂取する機会を減らします。特に、ビタミンやミネラルなどが不足すると、髪の毛の健康に必要な成分が欠乏し、抜け毛が増えることがあるのです。

  3. 成長ホルモンの分泌の変化: 自律神経の乱れは成長ホルモンの分泌にも影響を及ぼす可能性があります。成長ホルモンは髪の毛の成長に重要で、そのバランスが崩れると髪の毛の成長が停滞し、抜け毛の原因になることも。

  4. 睡眠不足: 夏の暑さによる寝苦しさは睡眠不足につながることがあります。十分な睡眠が取れないと、髪の毛の修復や成長のプロセスが乱れ、髪の毛の健康を損なう可能性があるのです。


夏バテの影響を受けないように、適切な水分補給やバランスの良い食事、冷房の適切な使用などの予防策を取ることで、髪の毛に対する悪影響を最小限に抑えることができるでしょう食事が簡単になりがちです。ミネラル接種が少な極端に少なくなっているように感じます。


   それではまた     髪のアルケミスト gamigamでした。


閲覧数:2回0件のコメント

Comentários


bottom of page